人材採用というのは、まさに企業にとって要とも言える重要な仕事です。いい人材を採用できるか否かが、その会社の未来を決めるといっても過言ではありません。とはいえ、人事部などの専門の部署以外の方の場合には、面接官役を行う機会というのはそう多いわけではありませんし、引き受けてしまったもののどうしていいかよくわからないということもあると思います。新卒採用の場合にはご自身も面接を受ける側として参加した経験がある方がほとんどだと思いますが、中途採用の面接の場合にはご自身は転職経験がなく、中途採用の面接なんて想像もつかないという場合もあるかもしれません。
かといって、本来の業務で忙しいなどの理由でなかなか面接に向けて準備をする時間もないというお悩みの方に、最低限押さえておくべきポイントをご紹介したいと思います。

面接資料は事前に目を通しておこう

まず1つ目のポイントが、履歴書や職務経歴書などの書類には必ず事前に目を通しておくということです。人材採用の基本となるのが履歴書等の書類ですから、ここをおろそかにしてはいけません。面接を受けた側の声でよくあるのが、「面接官が事前に履歴書を全く見ていないのか、頓珍漢な質問ばかりされた」というものです。これではその人の仕事ぶりや人となりを知ることはできませんし、正しい評価を下すこともできません。
面接の時間というのは30分から1時間程度と限られているわけですから、その時間のなかで相手のことを知るためにはやはり基本的な情報には目を通しておくことが大切です。面接を受けた人から上に書いたようにいい加減な会社だと思われてしまえば、せっかくの優秀な人材も逃げて行ってしまう可能性もあるのです。

面接官と受験者はあくまでも対等

もう1つ押さえておきたいのが、面接官と受験者との関係性についてです。どうしても面接官が選ぶ立場ということで、受験者に対して上から目線で対応してしまいがちですが、これは誤りです。面接の時点ではまだ受験者はあくまでも組織の外部にいる人であり、面接官が失礼な態度をとれば、受験者がそんな会社は選びたくないと思うのは当たり前のことです。場合によってはインターネット掲示板などで面接官の態度が悪かったなどと書き込まれるなど、企業のイメージを損ねることにも繋がりかねません。
受験者にとって面接官はその企業の顔とも言える存在です。人材採用の場では、受験者に対してはあくまでも対等な立場の人間として真摯に向き合うということを忘れないように注意しましょう。将来的に一緒に働く仲間になるかもしれない人であり、そうでなくてもその企業の顧客になってくれる人かもしれないという視点を忘れてはいけません。