転職しようする時、まずは何を考えますか?全く違う業界や業種へチャレンジしようか、それとも経験をウリに同業種、同職種でキャリアアップを考えますか?いずれにしろ、その転職を成功させるために、当然ながら採用試験を突破しなければなりません。応募要項を見て是非とも挑戦したい!と思っていても、まずは書類審査、そして面接で合格しなければ何も始まりません。そのためにはどうすれば良いでしょうか。採用担当者に会ってみたいと思わせる履歴書、どんな仕事をしてきたのか直接聞いてみたいと思わせる職務経歴書はどのようにして準備したら良いでしょうか。また、面接で採用担当者に好印象を残すにはどんな受け答えをしたら良いでしょうか。人材派遣会社で登録スタッフの面接をしてきた側としてのチェックポイントをお教えします。

中途採用では応募書類のクオリティが決め手

履歴書、職務経歴書を準備したことがある方は、皆さんほぼ「もうしたくない」と感じるかもしれません。自分の経歴、経験を遡るのはなかなか簡単なことではありません。
しかし、職務経歴書を準備するのは自分が何をしてきたかをよりこと細かく洗い出していくことによって、これまでの自分と向かい合うことができる貴重な時間なのです。自分が何をしてきたかをしっかり向かい合って準備された職務経歴書と、そうでないやっつけ仕事で終わってしまっている職務経歴書では歴然とした差が出ます。これは驚くほど違っていて、人材採用担当者にストレートに伝わります。時系列が一目瞭然となるように、経験を積んでキャリアアップしてきた事がわかるようにしましょう。電話応対、など記載すべきことではないかもしれない、などと思わずに、それが法人対応だったのか個人顧客対応だったのか、と細かいことでも洗い出して自信を持って記載しましょう。

人材採用担当者への印象の残し方

では面接ではどうしたら良いでしょうか。当然のことですが、人材採用担当者からは履歴書と職務経歴書を元に数々の質問をされます。その際、「えーっと」などと自分のことなのに即答できないのはNGです。はきはきと、語尾を濁すことなく答えられるようにしましょう。そして、転職歴のある方はどうして転職したのかを尋ねられると思います。その時、仮に職場環境が悪かった、待遇が悪かったとしても、その会社の悪口を言ってはいけません。待遇や職場環境は当然転職理由として成立しますが、どんなところに納得がいかず、会社との折り合いがつかず、といった事実を述べるまでに留めておきましょう。人材採用担当者が話しやすい方だったりすると、つい友人や家族に話すように会社の悪口を話し出す方がいますが、これは良い印象は与えませんので気を付けましょう。そして、最後に自分の採用試験に時間を割いていただいた事にお礼を述べて終わるようにしましょう。