人材採用の面接などでは応募者は緊張していることがほとんどなので、担当者は応募者がリラックスすることが出来る雰囲気を作るようにします。
人は緊張するとより相手に良く思われたいと思うようになり、自分で自分に過度なプレッシャーをかけてしまうことがあります。人材採用の場合でも例外ではなく、受かりたいという気持ちから普段では考えられないような緊張になります。応募者が緊張している状態では採用側も本来の姿を見ることが出来ないので、リラックスした雰囲気作りをすることが大切です。担当者は笑顔で話しかけるようにして、相手の警戒心を取り除きます。また優しく話しかけるだけでも相手の緊張をほぐすことが出来るので、優しく見守るような気持ちで面接をするようにします。

応募者の良い部分を探す努力が必要

人材採用は応募者が選考されているだけでなく、担当者も応募者に選考されていると思うようにします。人材採用の担当者の対応や態度によって企業のイメージは固められるので、プラスのイメージが付くように質問をします。対応によって応募者の質問された内容の印象も変わり、良い答えが返ってくることもあります。
採用面接ではダメなところばかりに目を向けるのではなく、良いところに目を向けるようにします。人材の採用を担当していると応募者の悪い面ばかりに目を向けてしまい、一度ダメな部分を知ってしまうとそこから不採用にするための理由ばかりが思い浮かびます。採用をするために選考しているのに、これでは意味が無くなってしまいます。そうならないためにも応募者の良いところに目を向けて、その人の魅力や才能を見つけるようにします。

長い話の中にも隠されたヒントが

応募者が質問に対して長い話をしてしまった場合でも、最後まで話を聞くことが大切です。特に新卒で入社する学生の場合は結論まで辿り着くのに時間が掛かることがあり、話も長くなることがあります。前置きから話し始めたり、こちらが求めてなかった内容でも誠意を持って話を聞くようにします。話の途中で遮ってしまうと雰囲気が悪くなるだけでなく、その人の魅力を知ることがないまま面接を終えてしまうことがあります。長い話の中にも隠されたヒントがあり、応募者の魅力や良いところを発見することが出来ます。
応募者は様々な企業の求人情報から見つけて応募してくれたので、感謝の気持ちを持って接するようにします。良いところに目を向けたけれど相性があまり良くないときや、方向性が合わないときに不採用にするようにします。