人材採用に成功する企業と失敗する企業、この二社の違いはさまざまなポイントにあります。
しかし人材採用に失敗する企業にはいくつかの特徴があり、特に大きいのが「高望みをしすぎる」ことです。
これは新卒でも中途でもそうなのですが、人材採用の中には抜けた穴を迅速に埋めたいというニーズや即戦力になれる人材を求めるといったことがあります。
もちろんそうしたニーズを追い求めること自体は悪くありませんが、人はロボットではありません。
ロボットであればニーズに沿ったロボットを作れば良いのに対し人間というのはやはり一長一短あるものです。
見るべきはその長所と短所のバランスであり、自社が抱えるニーズとどれくらい合うかという点です。
こうしたことを見ずにただ能力の高い人材だけを求めても、人材採用いつまでたっても完了せず、成功もしないでしょう。

人材採用にかけるべき時間はどれくらいか

人材採用の失敗の原因として大きいのが十分な採用スケジュールを用意しないことです。
よく「最短一週間で内定」などの形で求人を出しているところがありますが、実際に企業と人のマッチングを見るにはもっと長い時間が必要となります。
もちろん何年もかけることは出来ませんが、それでも1ヶ月~1ヶ月半くらいを見越しておくことは必要です。
これくらいの期間があれば応募してきた人との複数回の面接で相互の理解を深めることが出来ますし、情報が集まった後、社内で採用するかどうか十分に議論することが可能でしょう。
新卒であればまだここまで長いプロセスを用意する必要は無いにせよ、中途採用などだと即戦力になることが求められるわけですからあまり結論を急がず、じっくり向き合うことが重要です。

募集の情報はしっかりと明かすこと

人材採用における失敗を無くすために、一つだけすぐに改善できることがあります。
それは「募集の情報をしっかりと明かすこと」です。
情報としては職務の内容やポジション、求める能力、給与や休日などの労働条件などがあり、こうした情報を隠してしまうと求人にはレベルの低い人材しか来なくなります。
これはどうしてかというと、レベルの高い人材は元々そうした情報を見抜く力に長けており、怪しいと思ったところには応募をしないからです。
また本当に優れた能力がある人材の場合には自分にふさわしい職場にしか応募をしないといったことがありますから、相応しい職場かどうかを判断できる情報を積極的に開示することは重要なのです。
情報で嘘をついてもいずれバレますから良いことなど一つもありません。
応募してくる人材に正直であってほしいのならば、企業からまず正直になるべきです。

当社では電話応募の受付を代行するサービスも行っています。 ポイントと電子マネー付与による成功報酬型の人材採用サービスで求人媒体のコストを削減することができます! 「リクログ」は中途採用の支援システムです。煩雑な業務をスムーズに、スピードアップした支援をさせていただいています! 人材紹介会社からの人材獲得も強化できるよう人材紹介会社向けにオリエンテーションの場をもうけるサービスも行っています。 人材採用の支援システムはHRソリューションズ